商品紹介 暮らしの知恵

布団の防カビやダニ・ホコリ・花粉対策には布団乾燥機+布団クリーナーがおすすめ

投稿日:2019-02-26 更新日:

湿気による布団の不快感やカビ、ダニの問題を解決して、清潔な布団で快適に眠るためには布団乾燥機と布団クリーナーが欠かせません。

今回は快適な布団にするために必要なことと、布団乾燥機と布団クリーナーのそれぞれが果たしてくれる役割を紹介します。

布団の清潔さを保つには「湿気対策」と「ダニ・ほこり対策」をお忘れなく

「清潔さ」を保って毎日快適に眠ろう

快眠に欠かせないのは、「清潔さ」「快適さ」です。

”清潔さ”は、ダニやほこりがいない、汚れやカビがないなどイメージがしやすく掃除や洗濯などすでに実践されている方も多いですが、”快適さ”は、ふかふかだったり肌触りが良かったり、好みのニオイなど個人によってバラバラです。

今回はよりより睡眠の追求に欠かせない快適さではなく、健康面での快眠に欠かせない清潔さを保つことに注目します。

清潔さと一口にいっても見た目の汚れやニオイから布団の内部まで気にすることは様々です。とくに布団内部の湿気やダニなどは目に見えないだけにより注意が必要です。

また、この清潔さを保つことで不快ではないという快適さを追い求める第一歩にもなるので、是非湿気対策とダニ対策を行うようにしてください。

清潔さを保つにはダニを退治して死骸やほこりを取り除くことが必須

「清潔さ」が快眠につながることはわかったと思いますが、寝具の「清潔さ」を保つのは簡単ではありません。

カバーや枕などと違って布団そのものはなかなか洗うことができないので、ほこりや汚れなどが蓄積しやすく、ヒトが長時間いることになるので皮脂や毛髪などが落ちるのはどうしても避けられません。

そうした皮脂や毛髪はダニの格好のエサとなるので、できるだけ取り除くことが清潔さを保つ上で大切です。そのためには、ダニが増殖しないような環境作りとダニの死骸やホコリを取り除くことが必要です。

そのためには、布団乾燥機でダニ・カビが増えないように乾燥させる、高温にするという環境作りと、布団クリーナーでダニの死骸とホコリを取り除くことが大切です。

 

ベランダでの天日干しではダニを取り除くことはできない

ダニ、ホコリ対策には布団の中までしっかり温度を上げる、ダニの死骸やホコリを取り除くの2点が重要です。

湿気やダニ対策に用いる方法でよく挙げられる「天日干し」ですが、実はただ布団をベランダに干しただけではダニ対策として不十分です

まず、ダニの住みにくい環境として温度を上げる、湿度を減らすというのは間違っていません。

しかし、ダニが死滅する温度は60℃以上です。昔ながらの瓦屋根などの上だと夏場は温度が高くなるので効果が期待できるのですが、最近の温度が上がりにくい工夫が施された家の屋根やベランダに干しただけだと、大して布団の温度が上がりません。、表面は60℃近くになっても内部はあまり温度が上がらないため布団の中にいるダニが奥に逃げるだけになってしまいます。

布団を取り込んで温度が下がると生き残っていたダニがまた出てきてしまうので効果があまりありません。また、仮にダニを殺せても布団叩きではたくだけでは完全に落とし切ることができません。ダニの死骸が布団の中に残ってしまうと、うっかり吸い込んでしまうことになります。

 

布団乾燥機のメリットを紹介

布団内部の湿気を取ってダニもしっかり殺してくれる

先ほど紹介したように、ダニを殺すには布団の内部までしっかり温度を上げる必要があります

布団乾燥機は布団全体を暖めることで湿気はもちろん、布団内部に逃げこもうとするダニもしっかり殺してくれます。防カビとダニ対策を一度にすることができる優れものです。

季節・天候に関係なくいつでも乾いた清潔な布団にできる

小まめに布団を干したくても天気が悪かったり、せっかくの休日はお出かけをしたいので干せない、ということがありますよね。

布団乾燥機なら年中いつでも、季節や天候に関係なく乾いて清潔な布団に仕上げることができます。とくに汗をかきやすい夏場とじめじめしがちな梅雨、しめきりがちな冬場に大活躍です。

毎日清潔で快適な布団で眠りたい、という方におすすめです。

冬は暖房器具として活用可能

眠る直前まで布団乾燥機を点けておけば温かい布団で眠ることができます。

ダニ対策と湿気対策までできて、かつ寒い日に温かい布団で眠れると冬場はいいこと尽くめです。なお夏場は暑いので就寝直前ではなく数時間前までに乾燥を済ませておくことをおすすめします。

 

おすすめの布団乾燥機を紹介

布団乾燥機には大きくわけて、ホースからマットに空気を送って布団を温めるマットタイプと、ホースを直接布団に差し込んで布団を温めるマットなしの2種類あります。

以前は価格差がありましたが、いままはマットありとなしでそれほど価格差がないので好みで決めてよいと思います。アタッチメントで靴を乾燥できたり、空気清浄ができたり、タイマー機能などの機能に注目して選ぶことをおすすめします。

 

シャープのプラズマクラスター(布団乾燥機)

シャープ プラズマクラスターふとん乾燥機 UD-AF1-W
シャープ(SHARP)

プラズマクラスターの布団乾燥機

空気清浄器として有名なプラズマクラスターの特性を布団乾燥機に応用したのがこちらの商品です。

温風でダニを退治し、プラズマクラスターでほこりやダニの死骸などのアレルギー物質の活性化を抑制してくれます。

また、布団以外にも部屋の空気清浄器としても活躍できるほか靴のニオイ防止など幅広く活躍することができます。

*ホースがあまり長くなく、本体がそれなりの高さなので畳の布団には使用しにくいです。

アイリスオーヤマの小型布団乾燥機

ホースを布団に差し込んで温風を送るシンプルな布団乾燥機です。温め開始時間を予約できるタイマー付きもあり、そちらもおすすめです。

また、専用のアタッチメントを取り付けることで靴の乾燥や押し入れの乾燥も可能になります。

 

布団クリーナーのメリットを紹介

取りにくいホコリ、ダニをしっかり吸引してくれる

これまで紹介したとおり、日光や布団乾燥機でダニを退治することができますが、ほこりやダニの死骸は布団の中に残ってしまいます

ダニの死骸やほこりはアレルギーを引き起こす原因にもなるので、しっかり取り除いてあげる必要があります。しかし、布団の中に入ってしまっていたり繊維に絡みついていて軽くはたいただけでは取ることができません。

そこで、しっかり吸引してくれる布団クリーナーが必要になります。一回数分で終わるので、毎日かけることをおすすめします。

小型でハンディクリーナーとしても活躍

布団クリーナーの多くは小型で持ちやすく、ソファやカーペットなどのホコリやダニも吸引することができます。

最近は強い吸引力で花粉まで吸い取ってくれる機種もあるので、花粉症の方は要チェックです!

 

おすすめの布団クリーナーを紹介

ダニ検知機能付きがおすすめ

布団クリーナー ダニ dodocool ふとん掃除機 パワフル2つの振動たたきパッド 10000回/分 温風 布団乾燥 10kPa超吸引1台2役 布団乾燥機 UVランプ除菌ダニ 細菌 ウィルス除去 UVランプ自動OFF 安全 ふとんクリーナー ふとん掃除機
dodocool

布団クリーナーで一番大切なのは吸引力ですが、布団クリーナーの効果を実感できるダニ検知機能がおすすめです。

 

まとめ

布団の清潔さを保つのには、ダニ・カビが増えやすい湿気を抑え、かつホコリなどのアレルギー物質を取り除くことが大切です。

布団乾燥機と布団クリーナーで快適な睡眠環境を整えてください。

 

336広告




336広告




-商品紹介, 暮らしの知恵
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

おすすめ水温制御クッカー ~低温調理に欠かせない便利な調理器具~

お肉の旨みを存分に味わうためにいま注目されている”低温調理”。 高温で一気に火をいれるのではなく、低温でじっくり火入れを行うのに欠かせない「水温制御クッカー」を紹介します。

コスパ最強!「脚付きマットレス」が引っ越しや日々の掃除を考えたときにおすすめ

上質な睡眠を摂るためにもはや欠かせない寝具となったマットレスですが、その種類や性能、値段、厚みなど様々な違いがあります。 今回は購入したときや引っ越しの際の運搬や日々の掃除をする際に注目した時に、とて …

サーキュレーターはエアコンを無駄なく最大限に有効活用できるおすすめ家電

エアコンを付けたのに暖かくならない、涼しくならない、立った時と座った時で温度が全然違う、エアコンを使っていてそんな経験をしたことがあると思います。 今回はそんな問題を解決してくれる”サーキュレーター” …

電子レンジで簡単に調理できる、一人暮らしにおすすめ便利グッズを紹介

家庭に欠かせない調理家電となった電子レンジですが、温める以外にも様々な調理に使うことができます。今回は、電子レンジと組み合わせて使える便利グッズを紹介していきます。

スカルプドライヤーで毎日の頭皮ケア 薄毛、抜け毛対策におすすめ

シャンプーのCMでよく聞くようになったスカルプとは頭皮のことです。頭皮のケアは髪の悩みの解決に重要視されています。今回は自宅で簡単に頭皮のケアができる、スカルプドライヤーを紹介します。