便利グッズ

氷まくらで寝苦しい夜の対策を

投稿日:2017-07-21 更新日:

夏の夜の寝苦しさは、快眠を妨げ、疲れがとれずに翌日に引きずってしまう、という悪循環を引き起こしてしまいます。

そんな暑苦しい夜とおさらばするための商品が、”氷まくら”、です。古典的かと思われるかもしれませんが、案外あなどれません。今回は氷まくらの魅力を紹介していきたいと思います。

氷まくらってなに?

昔は熱が出たら氷まくら、というくらいに当たり前のものだったのですが、いまもそうなんでしょうか。なにやら知名度が下がっているような気がしたので、まずは氷まくらの紹介をしたいと思います。

その名の通り、氷でできた枕で、冷凍庫で凍らせたものを枕として、体温を下げる目的に使用するものです。クーラーなどがない時代には、冷やすといえば氷くらいしかなく、各家庭に必ずといっていいほど氷まくらや水まくらがあったものです。

クーラーの欠点

現代はかなり便利な時代になり、クーラーや扇風機が広く普及しています。しかし、クーラーや扇風機の風を直接受けるとたしかに涼しいけど、朝起きてみるとなんだかだるかったり、疲れが取れていなかったりしたことはありませんか?

その原因として考えられるのは、体温の下がり過ぎです。暑い夜に冷たい風を受けて寝たいという気持ちはわかりますが、体温が下がり過ぎてしまうと、今度は身体が体温を上げようとします。本来身体を休めるという行為のための睡眠中に身体が体温を上げようと活動してしまうので、起きた時に疲れが十分に取れていない、という結果につながります。

ほかに考えられる原因として、風が当たっていることによる疲労です。風を受けるだけでそんなに疲れてしまうものなのか、と疑問に思われるかもしれませんが、実際に身体に影響を与えています。風というのは空気の塊です。たとえ冷たく心地よい風でも、受け続けるという行為は、空気の塊が常にぶつかってきているのと同じことです。クーラーを使用するときはスイングモードなどで一定の箇所に集中しないようにするなど、対策をとってください。


意外と合理的な氷まくら

暑い夜の寝苦しさの原因の一つが、体温の上昇です。本来ヒトが睡眠をとるときは、通常時よりも体温を少し下げた状態になります。身体を休めるために体温を下げたいのに、なかなか下がってくれないので寝付けない、という状態に陥ってしまうわけです。

そんなときに手っ取り早く体温を下げる方法が、身体を冷やすことです。しかし、ただやたら冷やせばいいのか、というとそうではありません。もちろんクーラーなどを用いて部屋全体の温度を下げるというのも手ですが、電気代が値上がりしている昨今、抑えられるなら電気代を抑えたいですよね。

そこで用いるのが、今回紹介している氷まくらです。全身を冷やしたいけれど、なかなかそうはいかない。ならばどうするか、というと、局所的に効率よく冷やす、です。では効率よく冷やすにはどこを冷やせばいいのか、ということですが、ずばり、後頭部から首筋、うなじの部分です。その部分の周辺には太い血管が通っているので、ここを冷やすことで血液が冷やされ、その血液が全身を巡ることで、身体全体を冷やすことができます。

まくらって大抵後頭部や首筋の下に敷くものですよね。この後頭部から首筋、うなじを冷やすことで、効率よく身体全体を冷やすことができるのです。他にも脇の下も同様に冷やすと効果がある部分なのですが、寝ながら冷やすのがなかなか難しい部分です。よって氷まくらが一番効率よく全身を冷やすことができるアイテムと言えます。

進化している氷まくら

氷、という単語から硬いイメージを持ってしまい、まくらには向かないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、最近の氷まくらは進化しているので心配ご無用です。

まず最近の氷まくらですが、凍りません。不凍ジェルを採用しているので、冷たいのに硬くない、むしろジェルだからやわらかいんです。

また、持続時間も年々伸びていて室温に放置しても数時間からなんと十時間くらいまで持続する商品が開発されています。

おすすめの使い方

前述したように身体を冷やし過ぎるのはよくないことなので、氷まくらを使用する際はタオルを巻くことをおすすめします。商品によっては付属の柔らかいケースがついていたりするので、その場合はそちらをそのままお使いください。またこうすることで、氷まくらが保冷され、より長く効果を持続させることができます。

せっかくクーラーや扇風機があるならば、クーラーである程度気温を下げつつ(26~28度くらいの設定で)、扇風機などで直接風が当たらないように首振りさせて風を散らし、とどめに氷まくらで身体を冷やす、という使い方をしてみてください。

関連記事:

 

通常よりもエアコンの設定温度を高く設定することで電気代を節約しつつ、けれども体温を下げて快眠をしっかりとることができます。

寝苦しい夜だけでなく、突然体調を崩して熱が出たときにも活躍するので、一つ買っておくと安心です。せっかく便利なものが溢れているので、いろいろなものの良いとこ取りをして、快適な暮らしを送ってください。

 

安眠グッズを紹介

暑さもそうですが、寝付けない理由として、他にも騒音や日光などの光があります。そんなときの対策として、ドーム枕をおすすめします。

ドーム枕をに入ると光はもちろん、周囲の音も大幅にカットしてくれるので、いつでも快適に眠ることができます。また、適度に閉塞感があることで安心感ももたらしたくれます。

ドーム枕についての詳しい記事はこちら。

336広告




336広告




-便利グッズ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

真空断熱タンブラーのメリット紹介! ~暮らしをよりよくするおすすめ便利グッズ~ 

一人暮らしの自炊を行う際に必要な調理器具や家電が一通り揃ってきたあたりで、もう一歩調理の幅を広げたり、より効率的により快適に、より便利に!という方におすすめしたい商品を紹介していきたいと思います。 今 …

一人暮らしに合った浄水器できれいな水と健康を手に入れよう

水道水をそのまま飲料水にすることはあまりありませんが、調理に用いたり、氷にしたり、洗い物に使ったりと、水道水と生活に強く結びついているかと思います。 水道水をそのまま使うのはなんだか不安だ、という方に …

一人暮らしにおすすめの暖房器具で防寒対策

一人暮らしでは部屋全体を暖める必要があまりなく、本人一人が温まればよいので、一般家庭の暖房器具選びと若干異なります。一人暮らしには一人暮らしに合った暖房器具があります。今回は、一人暮らしにおすすめの暖 …

激落ちくんで、きれいなシンクを保とう

台所のシンクまわりは調理の要なので、きれいに保ちたいところです。しかし、水や洗剤を使うので、どうしても水垢やカビがついてしまいがちです。今回はきれいなシンクで快適に台所を使っていくための方法をご紹介し …

一人暮らしをより快適にする おすすめハンガー

生活をしていたら必ずでてくる洗濯物。最近では洗濯機でそのまま乾燥を行えるものが増えてきていますが、そのほとんどは大型のもので、一人暮らしをしているお家には置きにくかったりします。 そこで多くの方は洗濯 …